校章

飯田市立上村小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-1403 飯田市上村838 TEL 0260-36-2141 FAX 0260-36-2148

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2019 年 11 月 のアーカイブ

和田っ子祭り2019で楽しみました

和田小学校児童会が主催する「和田っ子祭り2019」に参加しました。日頃から交流がある天龍小学校のお友だちも参加しました。集合学習、遠隔合同学習で交流しているので、もうすっかり仲良しです。委員会ごとに分かれてゲームを企画し、参加してくれた方にはプレゼントがある。上っこは二種類のゲームと折り紙で作ったたくさんのプレゼントを準備。時間は1時間半ほどでしたが、校舎中に子どもたちの元気な声が響きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総合的な学習の時間は「霜月祭プロジェクト」今回はホームページの作り方を、SAKURAS(東京)の池上さんに遠隔で教えていただきました。振興センターの仲井さんが支援してくれています。霜月祭はいよいよ来週から始まります。自分で課題を持って調べてきたので、今年の霜月祭は一味違う参加ができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

夕べは雪が舞った上村です。今夜も寒そうです。来週はどんな上っこに会えるでしょうか。12月になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ホームページでは、小規模特認校上村小学校の様子を紹介していますが、来年度転入学希望者の締め切り(12月末)が迫ってきました。体験は随時受け付けています。飯田市教育委員会か上村小学校まで連絡して下さい。よろしくお願いします。

 

 

 

ページの先頭にもどる

ビブリオバトルって知っていますか?

飯水地区の小学校で行っているビブリオバトルに誘っていただき、遠隔で参加しました。今回は6校が参加しました。ビブリオとは「本・書物」のこと。三上 延さんの人気作品に『ビブリア古書堂の事件手帖』がありますが、ビブリアも本に関係した言葉ですね。このビブリオバトルはそもそも京都大学の大学院生が始めた取り組みのようですが、決められた時間の中で発表したり感想を言ったりするので、本の紹介だけではなく、コミュニケーション力とかスピーチ力がつきそうです。今回は初参加なので、全校でその様子を感じてみました。6年生が代表して『いっしょにいきるってなに?』という本をを紹介しました。

ビブリオバトルのキャッチコピーは【人を通して本を知る 本を通して人を知る】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表者以外の参加の仕方、感想の内容など課題がありそうですが、北の秋山郷と南の遠山郷が遠隔でビブリオバトルをするおもしろさには興味があります。読書月間の取り組みとして校内でのビブリオバトルもおもしろそう。

ビブリオバトルに取り組んでいる学校はありますか?

この日5,6年生は、遠隔でフィリピンとオンライン英会話で学習しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

学力向上に向けた新たな挑戦

6年生が一人だけの上村小ですが、飯山にあるやはり6年生が一人だけの学校2校と遠隔でつないで国語の授業を始めました。上村の5,6年生は算数・理科・国語は複式授業のため、一人だけの6年生は「一人学び」も「学び合い」も一人で進めます。教室には5年生がいるので教室全体は一人ではありませんが、授業は一人きり。やはり寂しさはあります。今回、北の秋山郷と南の遠山郷を結んで、『鳥獣戯画を読む』を3人で学んでいます。もちろん、遠隔でつなぐことが目的ではありません。課題はたくさんありますが、学力向上に向けた新たな挑戦です。来週は飯水地区で行われているビブリオバルに遠隔で参加します。読書月間中でこれもまたうれしい。

5、6年生は和田小・天龍小と集合学習。1時間目は体育でボールゲームを楽しみました。3校がそろうことでチームを作ってゲームをすることが可能になります。学年ごとに取り組むようになって2年目ですが、だいぶ定着してきました。和田小学校とは遠山中学校で一緒に学ぶので、中学校に行ってからの学級づくり、人間関係づくりにも役立っています。

 

 

 

 

 

 

掃除の後は、「異学年自由選択ドリル」の時間。なかよし学習室に集まって、短時間ドリル学習に取り組んでいます。課題は棚にあるボックスから自分で選択(6年生は中学校の問題にも挑戦できる)、場所は自由(その日の気分で移動できる)、上級生が下級生に教えることもあります。机を移動したり畳を置いたり、環境づくりも楽しみの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ホームページでは小規模特認校 上村小学校の取り組みを紹介していますが、来年度の転入学希望者の締め切り(12月末)が迫ってきました。体験希望は随時受け付けています。飯田市教育委員会か上村小学校までご連絡ください。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

読書月間中!ひたすら読む

深まる上村の秋。読書月間が始まっています。週間でも旬間でもなく月間活動! 朝の読書、上っこ・職員による本の紹介、5・6年生による朗読、昼休みの読書など、とにかく本に触れる時間を楽しんでいます。朝の読書は教室だけでなく、職員室も校長室ももちろん読書。学校中が読書三昧です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週行ったいもほりの様子もどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

しゃくなげ祭、上村が最高に盛り上がりました

10日(日)に上村地区の文化祭「しゃくなげ祭」が行われました。たくさんの展示、途切れることのないステージ発表、マッサージ、屋台も盛況と本当に楽しい一日でした。保育園、小学校と合同に行うようになって3年目、子どもたちの元気いっぱいの姿が上村を笑顔にしました。

小学校は「漫才」と「音楽会」でステージ発表。授業で制作した作品を展示しました。上っこは各地区の出し物にも登場、自由時間もたっぷりとあり、しゃくなげ祭を存分に楽しむことができたと思います。「地域のみなさんに楽しんでもらいたい。笑顔になってもらいたい」上っこの目標は達成できたと思います。ステージ発表には大きな拍手をいただき、今後の自信とやる気をいただいた上っこです。地域のみなさん、ありがとうございました。役員のみなさん、準備と片づけお疲れ様でした。本当にすごい文化祭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ホームページでは小規模特認校 上村小学校の取り組みを紹介していますが、来年度の転入学希望者の締め切り(12月末)が迫ってきました。体験希望は随時受け付けています。飯田市教育委員会か上村小学校までご連絡ください。よろしくお願いします。

ページの先頭にもどる

快晴の秋空の下でそばの脱穀を体験です

そばの脱穀をしました。指導してくれたのは、いつもお世話になっている岡井さんです。気持ちのいい秋空、昔ながらの脱穀の仕方を体験しました。岡井さん曰く「今年は今までで一番収穫量が多いかもしれない。6㎏ちょっとあるかな」収穫した実はつやっぽくてとてもきれい。上っこは脱穀時に出るくずのにおい(そばのにおい)をかぎながら、その中にいる虫にも興味津々。人は自然と共にあること、たくさんの生き物と共存していること、口にする食物ができる過程を知ること、他人と協力すること・・・、貴重な体験から学ぶことが本当にたくさんあります。まさにヒューマン5.0。上っこの心の中がまた豊かになりました。今年のそばはどんな味がするのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は3~6年生のクラブ最終回。一緒に頑張った仲間とちょっとジャ~ンプ!!上っこは10日(日)のしゃくなげ祭(地域の文化祭)に向けて、今日も漫才と音楽会練習に一生懸命です。もちろん授業も!

☆ホームページでは小規模特認校 上村小学校の取り組みを紹介していますが、来年度の転入学希望者の締め切り(12月末)が迫ってきました。体験希望は随時受け付けています。飯田市教育委員会か上村小学校までご連絡ください。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

避難訓練、そして夜は・・・宇宙へ

避難訓練がありました。避難の様子を消防署の方に見ていただき、「しっかりできていた」とお話ししていただきました。その後は、消火器を使った体験。火事ばかりではなく自然災害も含めて、マニュアルにない想定外のことが起こるので、日頃から自分ならどうするかを考えること、SDGs「11 まちづくり」「17 パートナーシップ」いざというときには地域で協力するので、日頃からの関わりを大事にすることを確認しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後は、民生児童委員のみなさんが、上っこの授業風景を参観してくれました。いつもお世話になりありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

そして夜。下栗の里で高学年を対象に「月と星の観察会」が行われました。赤く山を染めながら夕焼けが終わると、天上に星が見え始めます。時間と共に闇が深くなり、空が星でいっぱいになる。今年も講師をお願いしたのは、阿部さんです。阿部さんは地質や宇宙に詳しい方で、高校生が使用している資料集の編纂にも関わっています。大きな望遠鏡でまずは月、クレーターもしっかりと見えます。続いて土星、輪もしっかりと見えます。「おおおおお!」と声が上がります。そしてアンドロメダ銀河。その間に阿部さんが、宇宙や地殻にかかわる話をわかりやすく語ってくれます。ギリシャ神話の話も興味深く聞くことができました。下栗で大きなロマン(マロンじゃないですよ)に包まれたすてきな観察会でした。下栗で撮った夜空の写真をいただきました。阿部さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

郡展・郡音に参加しました

飯田下伊那地区すべての小中学校が参加する郡展と郡音。今年の郡展会場は丸山小学校でした。各校から集まった作品の数とその内容のすばらしさ、さらに4階まである大きな校舎にびっくりする上っこです。大きな学校では選ばれた人の作品しか飾られませんが、上村小は自分の作品が必ずどこかに展示されるよさがあります。時間がなくすっと見てしまう展示ですが、自分の作品があるとやっぱりうれしい。かざこし公園でお昼を食べた後、午後からは飯田文化会館で行われる郡音に参加しました。ここのステージは今年度二度目。5月の教育会総会で会場いっぱいの先生たちの前で歌いました。他校のすばらしさを聞き、いつものように堂々とした見事な発表をすることができました。どよめきと大きな拍手が自信になります。次のステージは10日(日)に行われるしゃくなげ祭(上村地区の文化祭)です。今年は「音楽劇 サウンドオブミュージック」に挑戦します。ただ今練習の真最中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【いただいた講評】

「さあ~」の歌い出しがスウッとしていいですね。のびのびとした歌声と、ジャズのリズム特有のスイング感もよくつかんで、ノリの良いかっこいい合唱で感激しました。ソロ、すばらしい! 一人一人が生き生きと歌う姿も合わせ、聴いている皆さんに「元気・勇気・ちから」を与えられたと思います。これからも仲間と力を合わせ「ヤ!」と学校生活を楽しんで下さい。Bravo!

☆ホームページでは小規模特認校 上村小学校の取り組みを紹介していますが、来年度の転入学希望者の締め切り(12月末)が迫ってきました。体験希望は随時受け付けています。飯田市教育委員会か上村小学校までご連絡ください。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

みどりの少年団~プランターの花の植え替え~

午後4時前には太陽が山に隠れてしまうようになりました。一気に気温が下がりますが、日中はぽかぽか陽気。今日はプランターの花を、マリーゴールドからパンジーに植え替えました。教師の出は始めだけ、あとは6年生が中心になってみんなで活動を進めていきます。菊の大輪もきれいに咲きました。それから今日は、みんなで協力してストーブの設置をしました。明日から三連休、5日(火)は郡展・郡音に参加します。今週も上っこはよく頑張りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->