校章

飯田市立上村小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-1403 飯田市上村838 TEL 0260-36-2141 FAX 0260-36-2148

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2017 年 12 月 のアーカイブ

二学期終業式

12月22日(金)、今日は二学期の終業式でした。飯田下伊那地方では一番早いです。ということもあって、南信州新聞社と飯田ケーブルテレビさんが取材に見えました。

昇降口には、昨日かみむらっこ応援団の岡井さんが松飾りを作ってくださいました。学校もお正月を迎える準備が整いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終業式では、二学期の学習の成果の発表として、今回は、1,2,3,5年生が発表してくれました。どの発表も二学期の学習の充実ぶりが伝わってくるすばらしい発表でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校長先生からは、“学校の顔”として頑張った子どもたちの姿をスライドショーで紹介していただきました。

1月8日までの長い休みとなります。健康に気をつけ、年末のお手伝いをしたり、お正月の行事を楽しんだり、新年の目標を定めたりするよい休みにしてほしいと思います。この間、上村小学校の教育にご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。三学期もよろしくお願いいたします。皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

 

ページの先頭にもどる

遠山三校遠隔英語モジュール試行

12月20日(水)の朝の時間(8:20~8:35)に、遠山三校を遠隔授業システムで結んで、英語のモジュール学習の試行を行いました。来年度から外国語活動は、移行措置に入ります。より充実した外国語活動が展開できるよう、遠山三校で協力し合いながら準備を進めています。その1つとして、遠隔授業システムを使って中学の英語担当の先生に短時間学習(モジュール)の1コマを担当していただくことはできないかと本日挑戦してみました。

 

 

 

 

 

 

担当は、遠山中の増田先生です。和田小はインフルエンザの流行で休校中なので、先生方が児童役を務めました。今日の学習は下のことに取り組みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての試みで、まだ要領がつかめていない感じはありましたが、増田先生の問いかけに対ししっかり受け答えができた子どもたちでした。

 

 

 

 

 

 

タブレットも使いました。

 

 

 

 

 

 

これからも試行を積み重ね、充実した学習ができるようにしていきたいと思います。

 

ページの先頭にもどる

上村ランチ

12月19日(火)、今日の給食は下の写真のような献立でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三角パン、とろ~りクリームシチュー、彩りサラダ、素揚げ(下栗いも)フライ、牛乳という献立です。この献立を考えてくれたのは、飯田OIDE長姫高校商業科の3年生の皆さんです。「課題研究」という授業で、上村について調査研究している7人組の皆さんです。今日は高校の授業の関係で生徒の皆さんは来校することができませんでしたが、担当の先生が来校され、生徒の皆さんの活動の様子を紹介してくださいました。

 

 

 

 

 

 

調査研究を進める中で、上村には、ジンギスや三角寿司、そば、伝統野菜などおいしいものがいっぱいあることに気づき、その伝統食、伝統野菜をこれからもずっと守っていってほしいという願いから、上村の伝統食を給食に出したいと今回の企画になったそうです。

献立の作成だけでなく、三角寿司をイメージしたイラストの描かれたランチョンマットやメッセージを書いた正四面体の紙細工もいただきました。

 

《ランチョンマット》

英語で “Do you know Kamimura?”と書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「給食」ということで、様々な制約があり、三角寿司は実現できませんでしたが、その代わりに「三角パン」が実現しました。なかなかないですよねー三角形のパン。遠山地区のパンを作ってくださっている山崎製パンさんは、きれいな三角形にするために何回か試作品を作り、研究してくださったそうです。ありがたいですね。下栗いものフライ、これもまた美味でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三角にこだわって、シチューの中の野菜もサラダの野菜も三角になっていました。手間のかかる作業ですが、南信濃給食センターの調理員の皆さんの熱意が伝わってきました。

 

 

 

 

 

 

上村のすばらしさ、食の部分でもしっかり伝えていける子どもたちに育っていってほしいと思います。今回の献立を実現させるためにご協力をいただいた関係者の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

霜月祭(程野)

12月14日~15日早朝にかけて、程野地区の霜月祭が開催されました。上村4地区のトリです。程野地区の特徴としては、着物でビシッと決めた男性がたくさん参加しているところがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14日の夜には、子どもたちの舞がありました。本校児童2名とOB・OG各1名の4名での舞でした。練習の成果を発揮した息の合った舞でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝4時半頃から面の登場となったのですが、いつもの取材担当カメラマンが連日の祭り取材でダウンし、残念ながら画像がほとんどありません。程野地区も豪快に湯切りが行われ、「ヨーォセ!」の嵐が吹き荒れ、にぎやかなお祭りとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

程野地区には、霜月祭が大好きな1年生の男の子がいます。将来は是非宮天伯の面をつけて舞いたいと思っています。この日も午前2時半には起きて程野の正八幡宮の境内に行き、しっかりと面の舞を見ました。上村の将来を担う子どもが、地域によってこの時期から着々と育てられていることを強く感じた1週間でした。約2週間にわたって繰り広げられた遠山郷の霜月祭も無事終わり、いよいよ年越しの準備です。学校でも二学期のまとめをしっかりと行い、冬休みを迎えたいと思います。

 

ページの先頭にもどる

霜月祭(下栗)

12月13日~14日早朝にかけて、下栗地区の霜月祭が開催されました。昨年は大雨が降る中での祭りでしたが、今年はきれいな星がたくさん見えるよい天気の中での開催となりました。ちょうど双子座流星群が極大を迎える時期と重なり、空を見上げていると流れ星をいくつか見ることができました。

夕方には子どもたちが襷の舞いを披露しました。本校児童3名+OGの中1生1名の4人です。見事な舞いでした。祭りに参加する中で、ふるさとを愛する心が自然と育っていくのだろうなと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下栗の霜月祭は、他の3地区と竈の形も変わっています。下栗拾五社と津島天王社の2つの神社の面が登場するので、全部で39の面が登場します。湯切りも5回あります。日付が変わった頃から境内は大盛り上がり。今年もにぎやかなお祭りとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終盤、「ちんちゃこ」という赤い装束に身を包み、2本の棒をもった面が登場します。ここ数年は、5年生のA君がその役を受け持っています。龍頭役のお父さんとの息の合った舞を今年も披露してくれました。

 

 

 

 

 

 

最後は、宮天伯2面が登場し、面の舞の最後を締めました。

 

 

 

 

 

 

14日~15日早朝にかけては上村地区のトリ、程野の霜月祭が開催されました。その模様はまた明日お伝えしたいと思います。

 

ページの先頭にもどる

第3回全校国語 ~漫才のネタ作り~

12月13日(水)、今日の5時間目は今年度3回目の全校国語でした。今日は、漫才のネタ作りを行いました。

9月の全校国語で、元吉本芸人で当時竜丘公民館主事であった桂山智哉さんに漫才のすばらしさを教えていただきました。(桂山さんは飯田市への出向期間が終わり、現在は尼崎市の職員としてお仕事をされています。)1月28日の地域公開参観日には、公民館・PTA共催の講演会がありますが、講師は桂山さんです。楽しい漫才や漫才にまつわるお話をしていただけると思いますが、その前座に本校の子どもたちが漫才を披露しようと準備を進めています。

「みんなを笑わせるネタ」と思ってしまうと少し肩の荷が重くなってしまう感じですが、子どもたちにはそんな様子も見えず、楽しくネタを考えている姿がありました。漫才を通し、イメージを膨らませる力が伸びてきたのかもしれません。早くにネタができて、となりの図書室で練習に励むチームもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に少し今日作ったネタで漫才の発表もしてみました。まだまだ練習が必要ですが、しっかり笑える内容でした。これから練習を積み、1月の発表会では笑いの渦を巻き起こしたいと思います。皆さん、是非お越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

霜月祭(上町)

12月11日から12日の早朝にかけて、上町地区の霜月祭が開催されました。2日に行われた中郷地区と祭りの様式は似ていますが、微妙にちがいます。14日開催の程野地区も合わせ、3つが「上町系」に分類されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上村小の校舎は上町地区にあり、学校に一番近い地区なのですが、残念ながら在籍児童はいません。昨年度本校を卒業したSさんを含め、遠山中学校の男女4名が舞を披露してくれました。女子は『羽揃えの舞』、男子は『襷(たすき)の舞い』です。練習の成果がしっかりと発揮され、立派な舞でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祭りのクライマックスは、面が登場し始めてから。12日の早朝4時半頃から面が登場し始めました。まず神太夫夫妻、続いて八社が登場し、稲荷や山の神が登場すると、「ヨーォセ!」のかけ声がかかりだし、面をかぶった人が四方に飛び回り出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり一番の山場は「湯切り」。水王と土王が煮えたぎった釜の湯に素手を突っ込み、周囲の人に跳ね飛ばしてみそぎを行いました。続いて火王、木王が登場し、再び「ヨーォセ!」の嵐に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

締めは宮天伯。静かな中で舞が行われ、祭りも終わりを迎えました。

 

 

 

 

 

 

最後に「遊び幣(ぬさ)」があり、湯の上飾りに幣を放り投げてうまく乗っかると幸運に恵まれると言われています。何と今年は1回でうまく上に乗っかりました。上村小に幸運が舞い込んでくるかもしれません。今日で、上村地区の霜月祭も第2ラウンドが終了。次は明後日13日、下栗地区の霜月祭です。子どもたちの舞が夕方6時頃から始まります。是非お出かけください。

 

ページの先頭にもどる

KTOの活動

今年度、上村小の総合的な学習の時間では、「KTO」の活動に取り組んでいます。「KTO」とは…「上村(K)特産物(T)応援会社(O)」の略です。

8日(金)には、特産物の1つ「下栗いも」を使った料理に挑戦しました。「和風いもスープ」を作りました。作り方は、①下栗いもをゆでる。②ゆで上がったらいもの皮をむく。③いもを杵でつぶす。④ミキサーでさらに細かくする。⑤なべでしいたけのだし汁と混ぜ、とろみを出す。⑥クルトンを乗せて出来上がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試食してみると、「おいしい!」結構なお味でした。

1,2年生もお裾分けをいただき、おいしくいただきました。次の会社の仕事は何かな?

 

 

 

ページの先頭にもどる

業間運動(サーキットトレーニング)

12月11日(月)、今朝は少し冷え込みが緩み、体育館北側のプールに張った氷もだいぶ解けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の業間活動の時間は運動でした。冬場の体力作りとしてなわとびに取り組んでいる子どもたちですが、今日はサーキットトレーニングに挑戦しました。ぞうきんがけ、肋木、ラダー、モップがけの4種目があります。1種目1分で2セット合計8分間の運動に取り組みました。8分やり終える頃には体もホカホカしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は11,13,14日と霜月祭が続きます。風邪気味の子もいますが、地域を支える一員として頑張ってほしいと思います。

 

 

ページの先頭にもどる

なかよし集会

12月8日(金)、今日は朝から曇り空です。天気予報では雪が降るかもしれないとのこと。11時頃からは小雨が降り出しました。授業公開が昨日でよかったなあと改めて思います。

今日はなかよし旬間最終日。その締めくくりとして、なかよし集会を行いました。焼きいも集会でもあります。焼きいもをしている間に、みんなで仲良く遊ぼうという集会です。今日は風邪や通院で2名が欠席。少し寂しい人数でしたが、子どもたちは元気に校庭を走り回っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカーを終え、そろそろ焼き上がりの時間。ホクホクとしたおいしい焼きいもの出来上がり。大きないもをパクパクと食べている子どもたちでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->