校章

飯田市立上村小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-1403 飯田市上村838 TEL 0260-36-2141 FAX 0260-36-2148

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2017 年 9 月 のアーカイブ

そばの収穫

9月29日(金)、今日の5,6時間目にそばの収穫を行いました。秋晴れの好天に恵まれ、収穫作業をしているとじっとりと汗ばむそんな陽気でした。

稲刈りのようにザクザクと鎌で刈っていけるとよいのですが、先日の台風による強風でそばの茎が寝てしまってそのまま刈り取るのは難しいため、子どもたちはそばの茎を引っ張って根っこごと引き抜き、20本ほどの束になったところで職員に手渡し、鎌で根元の方を切ってもらう形で収穫作業を進めました。

 

 

 

 

 

 

刈り取りが終わると、そばの束をわらで縛り、はざがけしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は種をまいてからの気候がよかったのか、生育が順調で昨年の3~4倍の収穫が見込めそうです。2週間ほど乾燥させ、脱穀作業を行います。2月には収穫したそばの実を使って、そば打ちをします。今から楽しみです。

 

ページの先頭にもどる

クラブ活動・運動会練習

9月28日(木)、今日はクラブ活動の時間がありました。予定では、上村川の河川敷にあるマレットゴルフ場で地域の名人にマレットゴルフを教えていただく予定でしたが、生憎の雨降りでしたので、体育館で囲碁ボールを行いました。6月に親子レクでやって以来でしたが、楽しくできました。

 

 

 

 

 

 

囲碁ボールの後は、運動会の雨天時に行うダンボール箱運びリレーの練習をしました。アンカーはダンボール箱を5個も積み上げて運ばなくてはなりません。悪戦苦闘しながらダンボール箱を運んでいる子どもたちでした。

 

 

 

 

 

 

業間運動の時間には、校歌ダンスの練習もしました。みんな頑張っています。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

信大生との交流学習

9月26日(火)、今日は信州大学教育学部森下研究室の大学生4名と森下先生が上村小に来てくださり、1日いっしょに勉強しました。今年1月の参観日に、森下研究室と上村小を結んだ遠隔合同授業や森下先生によるICT講演会を行ったつながりを大事にしたいという願いから、今回の交流学習の実現にこぎ着けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間目は再び上村小と森下研究室を遠隔授業システムで結び、5,6年生と学部にいる3名の大学生でいっしょに外国語の授業を行いました。あらかじめ子どもたちが用意したスリーヒントクイズを出題し、大学生に答えてもらう形で授業が進みました。後半は大学生からのクイズに子どもたちが答えていきました。

 

 

 

 

 

 

同じ時間1,2,3年生は体育館で太鼓の練習に励んでいました。この日は市の教育委員さんも学校訪問でお見えになっていたので、練習の様子を参観していただきました。

 

 

 

 

 

 

3時間目は、大学生の皆さんに複式授業の様子を見ていただきました。2年生と5年生の算数、3年生と6年生の算数の授業を見ていただきました。他校ではなかなか見られない上村小ならではの授業です。この時間1年生は和田小の1年生と算数の遠隔合同授業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4時間目はそれぞれの学年の授業を見ていただきました。

 

 

 

 

 

 

給食もいっしょに食べ、清掃もいっしょに行いました。

 

 

 

 

 

 

5時間目は交流会を行いました。大学生の皆さんが考えてくれた「カミ・コレ」(上(村)、紙+コレクション)を行いました。短冊形に切った画用紙を使って、グループで協力し合いながらすてきな帽子を作るという造形遊びでした。帽子が出来上がると、みんなモデルになってランチルームの中央を歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は今日1日の感想を発表し合い、記念写真を撮影してお別れしました。子どもたちは、「最初は緊張したけど、1日過ごす中で仲良くなれて楽しい1日でした。」という感想がほとんどでした。このつながりを大事にし、今後信大とのパイプをより強くまた太くしていきたいと思います。信州大学教育学部の森下先生、また森下研究室の皆さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

伊那谷民俗芸能団体連絡協議会研修会

9月24日(日)の午後、上郷黒田にある飯田市黒田人形浄瑠璃伝承館で標記研修会が行われました。研修会の中で、下栗拾五楽坊の皆さんが遠山霜月祭の舞と継承の取組について発表されました。本校児童もその担い手として舞に参加しました。披露したのは“襷(たすき)の舞”です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月13日の本番の霜月祭りでは、生の松の木が燃やされ、もうもうと煙が立ちこめる中での舞となります。皆さん是非下栗の拾五社大明神にお越しください。(この他、12月2日は中郷地区、11日は上町地区、14日は程野地区で霜月祭が開催されます。)

 

ページの先頭にもどる

マラソン大会試走会

9月22日(金)、今日の2時間目にマラソン大会試走会を行いました。低学年は2.2㎞、高学年は3.1㎞学校周辺道路を走ります。欠席や体調不良の子もいて、今日走ったのは6名でした。薄曇りの少し肌寒い陽気の中でしたが、子どもたちは一生懸命走って、全員無事ゴールしました。校庭では、運動会の練習に訪れた上村保育園の皆さんが大きな声で応援してくれました。これからもコツコツ走り、本番の大会で自己記録の更新を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

運動会練習+マラソン練習

9月21日(木)、さわやかな秋晴れの天気です。体育館横のナナカマドの実が赤く色づいてきました。秋もいよいよ本番を迎えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本校の運動会は、10月8日(日)に保育園、小学校、上村地区合同で行う予定です。村民運動会と同じ形の運動会です。今週から業間活動の時間に、少しずつ運動会の種目練習も始めました。今日は短距離走です。朝は応援団長の練習も始まりました。太鼓の練習は3週間目に入りましたが、だいぶ仕上がってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、運動会後の10月18日(水)に予定しているマラソン大会に向けての練習も始まりました。明日は本番コースの試走会です。いろんなところで頑張っている子どもたちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

飯田市公民館 9月定例館長会

先週末からの三連休は、台風18号による大きな被害が出た日本列島でしたが、上村小の周辺では幸いにも大きな被害は出ず、今週がスタートできました。(夜間に6時間ほどの停電はありました。)被災された地区の皆様方には、心よりお見舞い申し上げます。

先週末の15日(金)に、本校で飯田市公民館の9月定例館長会が開催されました。その中で、遠隔授業システムによる1年生の国語の授業を参観していただきました。二学期から本格的に遠隔合同授業に取り組んでいる和田、上村の二小学校ですが、現在のICT機器の環境を最大限生かして授業を行う方法を模索中です。今回は和田小、上村小のタブレットそれぞれ1台をカメラとして活用し、黒板や相手校の子どもたちの様子が1画面で見られるように工夫してみました。飯田市の公民館長さんたちに、飯田市が進めていこうとしているICT教育の一端を見ていただくことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

全校国語 “漫才に挑戦”

9月13日(水)、今日の1,2時間目に全校国語を行いました。全校国語は、普段1~3名という少人数で国語の授業を行っているので、より多様な意見に触れられる機会を作ろうと始まったものです。

今回は、“漫才”に挑戦しました。講師は、尼崎市職員で現在飯田市に出向し、竜丘公民館主事を務められている桂山智哉さんです。桂山さんは吉本興業の元芸人さんで「元漫才師公務員のお笑い行政講座」を全国で展開中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、自己紹介の中で身近な芸人や漫才師を紹介していただき、子どもたちの興味・関心が高まったところで、漫才のイメージをつかむために、上村公民館主事の野牧さんとコンビを組んで即席漫才を演じてくれました。即席でも大笑いで大受けでした。

 

 

 

 

 

 

続いて自分たちもいよいよ漫才に挑戦です。まずはコンビ名を考えました。あおカレー、よつば、M&A、うさぎミーツねこ、からまい、チーム単身赴任、いろいろなコンビ名となりました。

 

 

 

 

 

 

その後、お手本としてチュートリアルの「バーベキュー」を視聴して、バーベキューネタで全部のコンビが漫才をやってみました。これまた大受けでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫才で大事なこととして、①相手の目を見てしゃべること ②相手との呼吸を合わせること ③ちゃんとリアクションをすること を教えていただきましたが、これは普段の会話でも同じことだと6年生のk君が感想発表の中で述べていました。

 

 

 

 

 

 

漫才に取り組む中で、みんなが自然に笑顔になり、相手のことを考えた対応をしていて、漫才の持つ力のすごさを改めて感じました。子どもたちの自己表現力、コミュニケション力、アドリブ力など様々な力が鍛えられたひとときでした。次回は12月、自分たちで作ったオリジナルのネタでの漫才に挑戦です。桂山さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

給食試食会・参観日

9月12日(火)、今日は給食試食会と授業参観がありました。給食試食会には、保護者の皆さんの他に、かみむらっこ応援団の皆さんにも大勢参加していただき、ランチルームがにぎやかになりました。給食の後には、南信濃給食センター栄養教諭の伊藤先生に、センターで日々大事にしている取組についてお話しいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給食試食会の後は、授業参観でした。1,2年生は国語、3,6年生は社会、5年生は外国語活動の授業の様子を参観していただきました。二学期から配置されたデジタル教科書を使った授業もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業後には校長講話があり、最近の学校の様子をスライドで伝えたり、小規模特認校認定に向けての情勢について話したりした後、今後に向けての意見交換をしました。上村小の教育の特色の決め出しとともに、定住に向けての条件整備(住宅や仕事)もポイントであるという意見が出ました。

 

 

 

 

 

 

今月29日には2回目の「上村保育園・小学校の今後を考える学習会」を開催します。児童数増を実現するために、地域の知恵をしぼっていきたいと思います。

 

ページの先頭にもどる

PTA親子作業

9月9日(土)、今日は午前中にPTA親子作業を行いました。かみむらっこ応援団の皆さんも大勢応援に駆けつけてくださいました。

始めに、運動会に向けて校庭にテントの骨組みを設置していただきました。続いて、普段なかなか手の行き届かない、校舎の窓ふきや体育館ギャラリーの清掃、ビニールハウスや校庭隅の草取り、さらにはフェンスのペンキ塗りや草捨て場の草の片付け等々、たくさんの作業を子どもたちもいっしょに行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間ほどの作業で、校舎内外がとてもきれいになりました。ありがとうございました。

 

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->